• 2018.09.01 Saturday
  • 9月

こんにちは、セリオスタッフです。

まだまだ暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

今月もセリオ便りをホームページにアップしました。

ぜひご覧ください。

 

 

私は最近すっかりだらけモードで、誰かに家事を代わってもらいたいな、などと考えます。

あいにく1人暮らしなので、自分でやるしかないのですが、家族がいるともっと大変なのかもしれません。

 

先日、「ママのお休み」についてTwitterで見かけた内容にとても感心しました。

ママに限った話ではなく、主として子育てをやっているパパ・ママに共通することだと思うのですが、「無理やり休みを作ってあげる」ことの大切さを説いたものでした。

 

日頃の子育て疲れをねぎらいたいパートナーがやってあげられることとして、その人がやったことは「子供を連れて自分の(パートナーにとっては義理の)実家に帰る」ということでした。その間、パートナーは普段暮らす自宅に1人ぼっち。淋しそうでもあるのですが、これが思いがけない気分転換になるようです。

 

たとえ「今日は何もしなくていいよ」とお休み宣言をしたところで、家族が自宅にいれば気分が完全に休まることはなく、自宅に1人ぼっちにすることが重要なのだとか。何かをプレゼントしたり、旅行に連れて行ったりするよりも(特に小さなお子さんを育てている家庭では)感謝されるそうですよ。

 

印象的だったのは、そのパートナーのお義母さんが言った言葉。

「そのことを誰かのせいにするつもりはない。自分で選んで背負った重荷だ。その重荷は私の幸せだ。だがそれでも、時には荷をおろし、背伸びと深呼吸だってしたい。そういうもんなんだよ」

 

なるほどなぁ...と独身の私も考えさせられるとともに、グッとくるものがありました。おそらく介護中の人にも当てはまる内容ではないでしょうか。どの家庭でも同じようにいくわけではないでしょうが、上手く他人の手を借りながら、それぞれのやり方で適度にお休みをとってくださいね。

 

ご紹介した内容は、こちらのツイートです。

 

今月も笑顔でまいりましょう♪

Comment