こんにちは、セリオスタッフです。

今月もセリオ便りをホームページにアップしました。
松本からのお便りです。ぜひご覧ください。

急なご案内になりましたが、今月8日(金)に名古屋で開催されるセミナーのご案内も掲載しました。入場無料ですので、お近くの方はぜひお気軽にご参加くださいね。


先日、東京都内を移動中に外国人観光客に話しかけられました。
(私はなぜかよく話しかけられます…)

中東地域からいらした男女で、「切符の買い方がわからない」というので代わりに購入。偶然、降車駅が私と同じだったので一緒に移動することにしました。

ただ駅に着いた後、彼らが行こうとしているお店までの道順が私の拙い英語では伝わりません・・・。男性は母国語のみ、女性は母国語以外に中国語が堪能なものの、英語は少しだけということでお互いカタコト(苦笑)

ならば文明の利器を使おう!と、スマートフォンの翻訳機能で伝えようとしていたら、それを横で見ていた日本人男性が「代わりましょうか?」と申し出てくださいました。バトンタッチして私は次の目的地に向かったわけですが、とてももどかしい思いをしました。

話す相手の母国語が英語の場合は、私の語学力が拙くてもなんとか意思疎通ができるものですが、お互いにカタコトだと一気に伝えられる内容が少なくなります。




なにより、今回はスマートフォンの使い方を間違えました。なぜ英語に翻訳してしまったんだ・・・日本語を相手の母国語に翻訳すれば伝わったかもしれないのに!と今更ながら思い返しています。きっと「なんとかしなきゃ」と焦っていたんでしょうね。次に同じような場面に遭遇したら、冷静にトライしてみたいと思います。

こういう出来事があるたびに英語の勉強を再開しようと思うのですが、なかなか続かないものです。

みなさんは何かこつこつ続けている勉強はありますか?
長続きするコツのようなものがあったら、コメント欄で教えてくださいね。
 

Comment





   

Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other