こんばんは、セリオスタッフです。
十月になったというのに、全国的に暑い日が続いていますね。

今月もセリオ便りをホームページに掲載しました。
弊社・松本からのお便りです。ぜひご覧ください。


最近の私は、サバばっかり食べています。小さいころから「魚の骨を取るのが面倒」という怠惰な理由で、お刺身以外の魚はほとんど食べずに生きてきました。最近はあらかじめ骨を取り除いた魚の切り身が多く販売されていて、ぐっと食べやすくなりました。骨まで柔らかく煮たサバ缶も、ここ数年、大人気ですよね。骨のある切り身に比べればやや割高ではありますが、魚が身近な食材になりました。ありがたい!

ちなみに、とことん面倒くさがりな私は、その骨取り魚でさえ焼くのが面倒で(笑)あらかじめ焼いてある、レンジでチンすれば食べられるサバの塩焼きを食べています。網できちんと焼いた魚の味にはかないませんが、お皿に開けて1分で食べられる手軽さにはかないません。


サバをはじめとする青魚には、DHAやEPAが多く含まれています。中性脂肪やコレステロールが気になる人におすすめの栄養素です。セリオでもフィッシュオイルを高純度で配合したドクターシアーズ・ゾーンの「オメガ3ヘルス」を販売しており、とても人気のある商品です。

このオメガ3ヘルスですが、在庫限りで販売終了となります。
再入荷はございませんので、お早目にお求めください。


さてさて、今月は谷川岳の「天空のナイトクルージング」イベントが待っています。すっきりと晴れてくれるよう、てるてる坊主を量産したいですね!


秋は気温差も大きく体調を崩しやすい季節です。
今月も心身を大切に、笑顔でまいりましょう。
 

こんにちは、セリオスタッフです。
少しずつ、朝晩は涼しいと感じられることが増えてきました。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今月もセリオ便りをホームページに掲載しました。
ぜひご覧くださいね。



今月も弊社の松本は全国へ講演会に出かけます。
元気いっぱいに活動している松本ですが、実は病気を抱えています。しかも指定難病。

松本がセリオ便りで書いていますが、本来は進行するはずの病気が10年以上経っても進行していないのだとか。担当医師も進行しない理由がわからず、研究対象になっているようです。

私がぱっと浮かぶことといえば、風化貝カルシウムを毎日欠かさず食べていることくらい。現時点で関連があるかどうかはわかっていませんが、もし風化貝カルシウムがなにか助けてくれているとしたら素敵ですよね。


もうしばらくは残暑と台風の季節が続きます。
どうぞご自愛くださいませ。


▼ 風化貝カルシウムについてはこちらをご覧ください。
http://serio-ca.com/shop/index.html

松本です。
7月15日月曜日、梅雨がまだ明けない生憎の霧雨の中、北海道・八雲の風化貝採掘工場に見学へ行って参りました。



工場の社長さんと工場長さんから、祝日にもかかわらず丁寧な説明をいただきました。
特に80代の社長さんは情熱をもって、風化貝の独自性、世界唯一の存在であるカルシウム含有の純粋性、1500万年以上の時を経て存在している稀少価値などを詳しくお話しくださいました。



現代人のカルシウム不足対策に、風化貝カルシウムが寄与している意義に使命感を持って採掘されていること等、全ての工程が丁寧な手作業で人のぬくもりを感じたのでした。

何よりも80代後半の元気な社長さんの姿こそ、その証しのようでした。



医学博士 福島賢人先生の著書「カルシウム革命」で、49〜51ページに採掘場の解説と写真が載っています。ご参考にしていただければ幸いです。

書籍「カルシウム革命」はセリオオンラインショップからお求めいただけます

厳しい暑さが続きます。
皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。

こんにちは、セリオスタッフです。

今月もホームページにセリオ便りをアップしました。ぜひご覧ください。

みなさん、いかがお過ごしですか?
今年の梅雨は、ずいぶん涼しい日が続きました。明けたと思ったら酷暑です。。。身体がびっくりしますよね。私は先月の中頃から、風邪をひいています。



外を歩けばたくさん汗をかき、室内は冷房が効きすぎて寒い・・・という温度差にやられたようです。ひどい咳で眠れない夜が続くのは、本当にきついですね。


ぜひ冷房対策に羽織物を一枚持ってお出かけください。
水分補給もしっかりして、熱中症にも気を付けてくださいね。


すっきりとおだやかにお盆が迎えられますように。

こんばんは、セリオスタッフです。
今月もセリオ便りをホームページに掲載しました。ぜひご覧くださいね。

10月には、例年の谷川セミナーに代わって、素敵なイベントの開催が決定しましたよ!「天空のナイトクルージング」をみなさんで楽しみましょう★☆彡
詳しくは こちら


セリオ便りの中で「よく階段を踏み外してしまう」ということが書かれていました。弊社の松本をご存知の方から見れば、あんなに元気いっぱいな感じでも「高齢者」なのか・・・と思いませんか?どんなに気分やふるまいが若々しくとも、着実にいろんなところが衰えていくものなんだなと感じました。

最近特に問題となっている、高齢者ドライバーの交通事故もきっと同じようなものではないかと思います。現実問題として、マイカーがないと生活できない地域が多いのですが、せめて公共交通機関が充実している地域のみなさんには勇気ある免許返納をお願いしたいところです。

私も学生の頃は飛んでいる蚊をパチン!と落せたものですが、最近はなかなか落とせません。交通事故と一緒にするなとお叱りを受けそうですが、そういう風に少しずつ、反射神経や運動能力って衰えていくものだと思うんですよね。事故を起こすかどうかは「あっ、危ない!」という時とっさにブレーキに足が伸びるか、ということではないでしょうか。

自動車の安全技術は確実に向上していますが、事故がゼロになる日はまだまだ先になりそうです。ちょっとしたことから感じる「老い」という現実を受け止め、最悪の事態を防ぐためには少々の不便も受け入れられる余裕を持ちたいですね。もちろん、行政や民間のサービスにも期待したいところです。


Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other