こんにちは、セリオスタッフです。

 

23日(土)、全日本フィギュアスケート選手権を見に行ってきました。

 

初観戦でしたが、本当に感動しました。スタンド席の上の方だったので、選手の細かな表情まではわからなかったのですが、スピード感や表現したいことは伝わってきました。

 

今回は、オリンピック代表選考がかかっていたこともあり、エレメンツ(ジャンプやスピンなど)を1つ1つ終えるごとに起こる拍手と「うまくいって欲しい!」というファンの祈りみたいなものまで肌で感じることができ、涙をこらえるのに一生懸命でした。年齢を重ねてきたからか、選手だけでなく周りのコーチ陣が涙していると、たまらなく泣けてくるのが不思議です。

 

素敵な経験をできて、いい1年の締めくくりになりました。素晴らしい演技を見せてくださった選手のみなさん、ありがとうございました。

 


 

さて、セリオは 2017年12月28日から2018年1月5日まで冬期休暇 をいただきます。

インターネットおよびFAXでのご注文は休暇中も承りますが、発送は1月6日以降となります。

 

年末年始、実家に帰省なさる方も多いかと思います。

圧迫骨折についての資料がありましたのでご紹介しておきますね。ぜひご家族みなさんでご覧ください。

 

 

健やかに、良いお年をお迎えください。

本年もありがとうございました。

 

 

松本です。12月ですね。
クリスマスリースをお花の先生から教えて頂きました。不器用ですから苦手なのですが、久方ぶりに夢中になって楽しかったです。

 

 

講演会の中で、「男性にも更年期はありますか?」という質問を時々いただきます。

医学的には、「LOH症候群」と呼ばれるもので、女性の更年期障害に対して「男性更年期障害」と呼ぶこともあります。

 

 

症状は女性の更年期と同じように、不安や不調、イライラ、やる気の低下、だるさといった鬱と間違いやすい不定愁訴が挙げられます。減少する男性ホルモン(テストステロン)の低下によるもので、若い頃とは違う人格に感じるくらい変化する場合もあり、奥様からの相談も見受けられます。個人差があるようですが、早い人で50代、60代には自覚される方が増えるようです。

 

女性は閉経という人生後半のドラマがありますので、加齢を分かりやすく自覚できます。
早い人で40代、50代には女性ホルモン(エストロゲン)の減少による症状が出てきます。勿論個人差はありますね。

 

 

更年期障害の対策サプリメントは数多く有りますが、最も注意が必要なのは、男性、女性ホルモンの減少によって骨粗鬆症に一気に向かっていく事です。骨が弱かった私ですが、27年間続けてきた風化貝カルシウムのお陰様で、骨密度は同年齢の基準で103%。何よりも私が恩恵を受けていると感じています。

 

 

 

食品も見直してみましょう。

 

玉ねぎは血液サラサラ、血圧安定など生活習慣病の予防に効果が期待できることで知られています。さらに男性ホルモンの生成を助けるアミノ酸も豊富であることが明らかになりました。玉ねぎの原産地である中央アジア、西アジア、地中海沿岸などでは、5000年も前から知られているそうです。

 

女性ホルモンを増やすとされる食品は、大豆製品(豆腐、豆乳、納豆、きな粉)、アーモンド、レーズン、アボカドです。食事は彩りよく腹八分にと昔から言われていますね。

 

 

年齢は肉体の衰えに正直なものです。それでも若々しい人、あるいは若く見える人がいらっしゃいます。

 

多くの人々と接する中で、若々しい人たちにはある共通点があることに気づきました。

  1. 好奇心、ワクワク楽しい事が好き。
  2. 世話好き、社会性がある。
  3. 趣味や仕事を続けている。
  4. こだわらない、しなやかさ。

 

 

個性は色々ですが、勉強になる方は沢山いらっしゃいます。

 

いつまでも若々しく元気に、過ごしていきたいものですね。

 

秋田はすっかり雪の季節です。

寒さが続きますが、皆様ご自愛くださいませ。

 

あっという間に12月です。。。

こんにちは、セリオスタッフです。

 

今年最後のセリオ便りをホームページにアップしました。ぜひご覧くださいね。

 

 

私は、初めてのフィギュアスケート観戦を控えて、ワクワクを止められない日々です。

10年以上テレビ観戦を続けてきましたが、全日本選手権のチケットが幸運にも取れて、やっと現地観戦の夢が叶うのです!今年はオリンピック代表選考もあるので、涙なくして見られないだろうと思います。

 

フィギュアスケート選手は、本当にケガが多いです。捻挫や骨折だけでなく、拒食症をはじめとする摂食障害もよく聞きます。特に女子選手は、成長によって女性的な体型に変化する過程で、体重が増加するだけでなく体の重心やバランスが変わってしまいます。そのため、子供のころから上手に飛べていたジャンプが急に飛べなくなり、苦労する選手が多いのです。

 

15〜17歳ごろの体型変化をいかに乗り越えるかが、世界レベルで戦う選手には大きな課題になるわけですが、ジャンプが飛びにくくなったために、体を軽くしようと食事を必要以上に減らしてしまい、疲労骨折などを患う選手も多いようです。もちろん食事をしっかりとって欲しいのですが、合わせて風化貝カルシウムをパパッと加えてみてくれないかな…といつも思っています。口にするものは気を使うだろうと思うので、気軽にプレゼントするわけにもいかず…選手の親御さん、このブログを見てくれるといいなぁ…。

 

 

もし、「風化貝カルシウムってなに?」「普通のカルシウムとなにか違うの?」と興味をもっていただけましたら、今週末 12月3日(日)に「ラフレさいたま」で開催されるセミナーへお越しください。整形外科医の福島先生と臨床データをもとに、詳しくご説明します。

 

セミナーの詳しい情報はセリオホームページでご確認くださいね。

 

 

この冬、みなさんは何か楽しみにしていることはありますか?

思いっきり好きなことを楽しめるよう、心と体を元気に保ちましょう♪

 

こんばんは、松本です。
今月もホームページにセリオ便りがアップされました。ぜひご覧ください。
http://serio-ca.com/


今日は、最近話題の「睡眠負債」について考えてみましょう。

「睡眠負債」とは、様々な理由から「ちょっと寝不足気味かな?」という睡眠不足が少しずつ溜まり、本来必要な睡眠時間に対する不足分のことを指します。「睡眠負債」は寝不足が1日単位と短期的ではなく、慢性的です。自分が眠りたい時間と、実際の睡眠時間に大きな開きがあると、知らず知らずのうちに疲労が蓄積されるといわれています。

「寝不足は気付きやすい」のですが、慢性的な寝不足である「睡眠負債」は気付きにくいようです。残念ながら、まとめて寝る「寝だめ」では解消されないといいます。これが、寝ているのに疲れが取れない原因の1つかもしれません。


そこで、寝る前の習慣を見直してみましょう〜!

1. パソコンやスマートフォンから発生している光は、脳を刺激し活性化させる原因となります。そのため就寝前の1時間〜2時間は使用を控えてみましょう。

2. 食事は就寝の2〜3時間前までに終えましょう。

3. 入浴は、就寝1時間前までに済ませましょう。入浴によって温まった体温が次第に下がるときに、自然な眠気を呼び起こします。強い冷え性の方は時間を余り開けない方がいいでしょう。

4. カフェインは眠りを妨げます。飲んでから6〜7時間程度はカフェインの効果が続くとされています。コーヒー、紅茶、緑茶、玄米茶、ココアなど、夕方以降の摂取は避けたいですね。ノンカフェイン飲料を利用するのもよいでしょう。


寒くなって布団から出たくない季節になりました。
ダラダラ寝てしまうと、益々疲れが出て頭が痛くなることもありますから、やはり気合を入れて!!!

上手な睡眠をして、元気に出発しましょう。

こんにちは、セリオスタッフです。


今日10月8日は、日本整形外科学会が定めた「骨と関節の日」です!

「ホネ」の「ホ」が「十」と「八」に分けられ、なおかつ10月10日(旧・体育の日)に近い、というのが理由なんだとか。

 

骨や歯をつくるだけでなく、関節を動かしたり、生命の維持にも重要な栄養素が「カルシウム」です。体内のカルシウムの約1%が、血液などの体液や筋肉などの組織をかけめぐり、出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動などに重要な役割をしています。骨は、体を支えるのと同時に、カルシウムが不足しないよう「貯蔵庫」としても働いています。

 

セリオが自信をもってお届けする善玉カルシウム。
しっかりと骨まで届けて、健やかな毎日を過ごしたいものですね。

 


近年、「健康」とはなにか考えることがあります。
病気をしないこと、ケガをしないこと、毎日笑顔でいられること…などはまさに「健康」ですよね。私は、いくつか具合が悪いところを抱えていても「自分のことは自分でできる」ということも、1つの「健康」であるように感じます。

 

みなさんは「ロコモ」という言葉を聞いたことがありますか?
これは、日本整形外科学会が超高齢社会を見据えて提唱している「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」という概念です。筋肉や骨、関節などの運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」ということが難しくなっている状態を指します。

 

いつまでも自分の足で歩き続ける(健康寿命を延ばす)ために、運動器を長持ちさせて、ロコモを予防しましょう!ということで、簡単なテストが公開されています。この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

▽「ロコモ」を調べて予防しよう
https://locomo-joa.jp/check/test/
(日本整形外科学会公認 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト「ロコモ チャレンジ!」より)

 

 

食欲の秋!スポーツの秋!読書の秋!!

なにをするにも健康あってこそ。

 

これからもセリオの商品にお手伝いさせてくださいね。