沼田真佑
1978年小樽市生まれ、2012年から盛岡市在住。

東日本大震災を題材にしたデビュー作「影裏」で、2017年、第157回芥川賞を受賞しました。

 

 

新聞で読んだ「夏よ、頑張れ」というエッセーが妙に面白くて、抜粋してみました。

東京の夏は、僕が暮らしている北緯39度の世界よりも確かに暑く感じられる。日差しの強さに大差はないのに、そこかしこに漂う空気の成分それ自体が、北国のそれよりひと回り重く、底にうっすらと暗い熱気を宿している感じが生物的で、やっぱり都会の空気なんだと今のところ実感している。不自然な力で暖められる空気はねっとりと暑く、ときおり妙な悪意を感じて腹の立つこともあるけれど、我慢できないというほど暑いわけではもちろんなくて、地下鉄へ降りたりビルの中に入ったりしてしまえば簡単に熱は引く。路上にいても緑の木陰でペットボトル1本分の水分をとればしのげるくらいだ。

 

<中略>

 

人間よりもはるかにおしゃれで足の運びもどこかしら気が利いている飼い犬たちと、ふとした拍子にすれ違うのは結構楽しい。ある夕間暮れに、千代田区紀尾井町内のとある並木通りをあるいていたら、ため息が出るほど綺麗なテリアとすれ違った。僕は車道を横断しようと立ち止まり、ついでにテリアの後ろ姿を見送っていたら、向こうが急に振り向いた。どうして君はこんなところへ?そんなふうに聞かれた気がして、ちょっと大きな賞をもらったもんでねと心に念じて、テレパシーを送ってみたら、それが通じたかテリアはさっと踵を返し、すたすたとどこかへ行ってしまった。


私は毎月、秋田から東京に出かけていて、沼田氏のこのエッセーには思わずクスッとしたのでした。私から言わせれば、犬どころか老いも若きもビックリするほどの人々だらけですが、ちょっと涼風をもらったエッセーでした。

 

 

さてと「影裏」
いつもの本屋さんに行ってこようかな〜。

 

こんにちは、セリオスタッフです。

今月もセリオ便りをアップしました!

 

弊社代表の松本が、お客様へお届けしているお手紙です。

ぜひご覧くださいね。

 

http://serio-ca.com/

 

それにしても暑いというか「熱い」毎日です。私は、日本有数の「暑い」地域で育ったので、35℃を超える日があるのも慣れっこでしたが、年齢のせいもあるのか、もうダメです…。

 

今では考えられませんが、地表は40℃を超える灼熱のグラウンドで、水も飲ませてもらえず、部活動に励んだ日々を思い出します。よく無事でいられたものだと思います。教室にもエアコンなどなく、授業中に下敷きでパタパタあおいでいると、先生に注意されたものです。今はエアコンも導入されているとのこと。うらやましい!(笑)

 

 

毎日のように、どこかで発生している「ゲリラ豪雨」は、日本が温かくなったゆえのことでしょう。明らかに昔とは降る量が変わりました。地球の温暖化を「人間の生活に起因するものだ」と問題視する人、数百年規模でみたときに巡ってくる「地球の気象サイクル」だという人、いろんな説が飛び交っていますが、温かくなったことで、災害との向き合い方を変える時期に来たことは確実なようです。

 

まだ「今回がたまたま極端に降っただけ。数十年に1度のこと。」という感じを受けますが、きっとこの感覚を捨てなければならないのでしょう。自然災害は防止できません。いつ自分のところに起こってもおかしくないこととして、備えをしておきたいですね。

 

こんにちは、セリオスタッフです。

 

今月もセリオ便りをホームページに掲載いたしました。

弊社代表・松本が毎月お届けしているお便りです。ぜひご覧ください。

 

糸井重里さん率いる「ほぼ日刊イトイ新聞」のトップページに、毎日更新される「今日のダーリン」という「エッセイのようなもの」があります。

 

2017年7月2日の「今日のダーリン」より(抜粋)

じぶんにこどもができると、
いかに世の中のあちこちに
たくさんのこどもがいることか、
と感心することになる。

 

じぶんが犬と暮らすようになると、
世界には、こんなに犬がいたのかと驚くことになる。

 

− 中略 −

 

昨日、ここで書いた、
「いいこと」を見ていると、「いいこと」がある、と。
そのことを説明しようがないのだけれど、
ほんとにそうなんだよなぁ、と思っていたが、
あんがいシンプルに言えるとわかった。
つまりは、犬を見てる人には、
世の犬が目に入りやすいということだった。

 

いつも「ゴミ」に埋もれて暮らしている人には、
ひょっとしたら日本中の「ゴミ」が見えてるのかな。
そういうこともあるかもしれない。

暗い理屈をこねくりまわしながら、
不幸と争いの行方を観察している人には、
次々とそういうものが見えてくるのかもしれない。

 

ポジティブシンキングとかネガティブとか言わなくても、
見たいものを、人は見ているし、
見続けているものは、探しやすくなるということだ。
好きなものを好きであること。
好きな人を好きであること、好きな時を好きであること。
好きを愛おしんだり、好きを大切にしていることが、
さらに好きなものと出合える機会をつくってくれる。
こんなに簡単なことだったのか。

 

− 以下略 − (引用ここまで)

 

なんだか、本当に「こんなに簡単なことだったのか。」と思ったんですよね。いいこと続きなときは、いいことが続く。嫌なことが続くときは、嫌なものを無意識に探しているような気がするなぁ…と。

 

運がいいとか、悪いとか。

最近ツイてるとか、ツイてないとか。

ときにはそういう、「運」のせいにしないとやってられないこともあるでしょうが、実は自分の意識が引き寄せるものが多いのでしょうね。

 

 

「からだにいいこと」もお忘れなくクローバークローバークローバー

これからの季節は、冷たい天然力茶がおススメです!

こんにちは、セリオスタッフです。

 

先日、「オメガRXの販売を終了します」というお知らせをしていましたが、もう少しの間、販売を継続できることになりました。

 

弊社代表の松本もオメガRXの愛用者で、販売終了を嘆いていた1人でしたが、また皆様にお届けできることになって良かったです。

 

オメガRXは、高純度のフィッシュオイルです。DHAやEPAを含むフィッシュオイルといえば、安価な類似品も多いのですが、オメガRXは「本物」にこだわる方にご支持頂いている人気商品です。

 

血液サラサラなど健康を気にされる方はもちろんですが、頭脳労働に従事する方や、資格試験や受験勉強などに励んでいる方からのリピート注文が多いんですよ。きっと効果を実感されているからこそ、継続しているのでしょうね。

 

しかしながら、またいつ販売終了をお知らせすることになるかわからない状況には変わりありませんので、ご愛用中のお客様はお早めにご注文くださいね。

 

 

 

☆ご注文はこちらからどうぞ☆

 

セリオオンラインショップ(送料無料でお得です!!)

 

セリオインターネットショップ(Amazon店:別途送料がかかります)

 

 

 

 

お久しぶりです、松本です。

 

今月もセリオ便りをホームページにアップしました。

ぜひご覧ください。

 

先日、福岡市内から車で30分以上はかかったでしょうか〜、久しぶりに行って来ました。

 

食事は勿論美味しいのですが、今回は珈琲です。

至極の味わいを、田中義一技術顧問にいれて頂きました。

 

この道50年…

熟練の技術で焙煎された珈琲豆から、珈琲の本当の美味しさを味わって欲しいと言う田中さん。誠実さや、珈琲一筋の情熱が込められた至極の味わいに、時間も忘れていました。

 

珈琲愛あふれるお話に聞きほれて、又一杯と味わって来ました。


入れ方にも丁寧なこだわりがあり、少しの手間はされどひと手間と教わりました。
どんな仕事も職人気質の人、本当に素敵です。

 

さて、もうひとつ。

茅乃舎さんの古民家レストランでは、全てのお客様に置かれているウェルカムカードがドキドキ嬉しくて、ワクワクしながらお食事が始まりました。

 

数年前にはなかったので、創意工夫とおもてなしが形になり、開店当時から知っているので感激しました。

 

 

人気があって継続しているものは、何であれ努力と情熱、心意気があるものですね!

 

感動しながら生きていられるのって人間だけなんだなあ〜
その感動を創れるのも人間ですね!