こんばんは、セリオスタッフです。

 

今月も弊社代表・松本からの「セリオ便り」をホームページに掲載しました。

ぜひご覧くださいね。

 

今回は大人気の柿酢を使った簡単レシピをご紹介したいと思います。

 

 

<きゅうりとなすの白和え>

◆ 材料(3〜4人分)◆
もめん豆腐 1丁
きゅうり 1本
なす 1/2本
みょうが 3本

 

☆調味料
味噌 大さじ4
料理酒 大さじ1
砂糖 大さじ4
柿酢 大さじ2
ごま 適量

 

◆ 作り方 ◆
1. もめん豆腐は水切りしておく
2. きゅうり・なすは輪切りにして塩もみし、絞って水を切っておく
3. みょうがも薄い輪切りにする
4. 1〜3を合わせて、☆調味料を合えて完成

 

 

簡単でビタミン・ミネラル・たんぱく質もたっぷり!

ぜひお試しくださいね♪

 

こんにちは、セリオスタッフです。

今週末、9月10日(日)は新大阪でレントゲン臨床発表セミナーが開催されます!

 

医学博士の福島賢人氏と弊社の松本が、風化貝カルシウムによる事例を実際のレントゲン写真を用いてご紹介します。ご入場にはチケットが必要となりますが、チケット1枚で3名様まで同伴いただけますので、ご家族、ご友人のみなさんとご来場くださいませ。

 

詳しくはこちら

http://serio-ca.com/schedule/index.html

 

お得な前売りチケットもご用意しております。

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

こんにちは、セリオスタッフです。

暑かった夏が8月の終わりとともに、一気に涼しくなりましたね。

 

暑すぎるのは嫌ですが、夏が終わると思うとなんとなく淋しくなります。夏休みの終わりをイメージするからでしょうか。

 

さて、今月もセリオ便りをホームページにアップしました。

弊社代表の松本が毎月お届けしているお便りです。ぜひご覧くださいね。

 

 


 

8月31日よりセリオオンラインショップにお支払方法の選択肢が増え、「ドコモケータイ払い」と「ソフトバンクまとめて支払い」が追加となりました!

 

「auかんたん決済」も含めてこの3つは、月々の携帯電話料金と一緒にお支払頂けるサービスです。クレジットカードをお持ちでない方や、コンビニ・銀行まで行くのが面倒な方にぴったりです♪

 

※JCBカードはPayPalでご利用いただけます。

 

どんどんお支払方法が増えて便利になっていくオンラインショップ。

会員登録をしない「ゲスト購入」もできますので、使ってみてくださいね。

 

 

暑中お見舞い申し上げます。

セリオスタッフです。

 

セリオは、2017年8月11日から15日まで、夏季休暇を頂きます。

期間中、オンラインショップやFAXによるご注文は受け付けておりますが、発送やお問い合わせへの回答は16日以降になります。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 


 

先日、自然災害への備えはしておきたいですね、という話をこのブログに書きました。

こんな記事を見つけたので、ご紹介しますね。

 

防災のヒント 熊本地震1年<2>室内の備え 非常袋と家具を再点検

 

熊本地震の被災者の声をまとめた「熊本地震の体験談から学ぶ防災ヒントブック」から、熊本地震で「あって良かったもの、なくて困ったもの」をまとめています。

 

「あって良かったもの・なくて困ったもの」の例
・運動靴
・眼鏡
・防寒着
・ブルーシート
・ウエットティッシュ
・ガスこんろ
・ラップ
・リュックサック

 

熊本地震の発生は4月でしたが、夜は冷え込んで、防寒着が必要だったそうです。

意外なところでは、バスタオルが車中泊する際のカーテン代わりになったり、座布団が倒したシートの段差をなくすのに役に立ったりもしたそうです。これは昼も夜も使えていいですね。

 

防災ヒントブックは、制作した日建設計さんのページからも閲覧・ダウンロードできます。

http://www.nikken.jp/ja/news/20161124.html

数ページの漫画にまとまっていて、読みやすくできています。

 

ぜひこのお盆休みに、ご家族でご覧になってみてくださいね手

 

 

沼田真佑
1978年小樽市生まれ、2012年から盛岡市在住。

東日本大震災を題材にしたデビュー作「影裏」で、2017年、第157回芥川賞を受賞しました。

 

 

新聞で読んだ「夏よ、頑張れ」というエッセーが妙に面白くて、抜粋してみました。

東京の夏は、僕が暮らしている北緯39度の世界よりも確かに暑く感じられる。日差しの強さに大差はないのに、そこかしこに漂う空気の成分それ自体が、北国のそれよりひと回り重く、底にうっすらと暗い熱気を宿している感じが生物的で、やっぱり都会の空気なんだと今のところ実感している。不自然な力で暖められる空気はねっとりと暑く、ときおり妙な悪意を感じて腹の立つこともあるけれど、我慢できないというほど暑いわけではもちろんなくて、地下鉄へ降りたりビルの中に入ったりしてしまえば簡単に熱は引く。路上にいても緑の木陰でペットボトル1本分の水分をとればしのげるくらいだ。

 

<中略>

 

人間よりもはるかにおしゃれで足の運びもどこかしら気が利いている飼い犬たちと、ふとした拍子にすれ違うのは結構楽しい。ある夕間暮れに、千代田区紀尾井町内のとある並木通りをあるいていたら、ため息が出るほど綺麗なテリアとすれ違った。僕は車道を横断しようと立ち止まり、ついでにテリアの後ろ姿を見送っていたら、向こうが急に振り向いた。どうして君はこんなところへ?そんなふうに聞かれた気がして、ちょっと大きな賞をもらったもんでねと心に念じて、テレパシーを送ってみたら、それが通じたかテリアはさっと踵を返し、すたすたとどこかへ行ってしまった。


私は毎月、秋田から東京に出かけていて、沼田氏のこのエッセーには思わずクスッとしたのでした。私から言わせれば、犬どころか老いも若きもビックリするほどの人々だらけですが、ちょっと涼風をもらったエッセーでした。

 

 

さてと「影裏」
いつもの本屋さんに行ってこようかな〜。

 


Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other